ゲーム感想・評価まとめ@2ch

2chのゲーム感想まとめです。興味のあるゲームを買うかどうかの判断材料に

    steam

    『デス・ストランディング』PC版、6月3日発売決定!新たにフォトモードを実装、ウルトラワイドモニターに対応!

    images



    1: 名無しさん 2020/03/03(火) 07:31:31.60 ID:TnrRms6GM0303
    https://store.steampowered.com/app/1190460/Death_Stranding

    追加要素
    ・フォトモード
    ・高フレームレート
    ・ウルトラワイドモニター対応

    続きを読む

    グラブルVS、Steam版3月14日配信決定

    images



    1: 名無しさん 2020/02/27(木) 19:30:11.16 ID:Zewp7Osf0
    https://granbluefantasy.jp/pages/?p=29373

    【注意事項】
    ・Steam版には、「グランブルーファンタジー」連動用プロダクトコードは付属されておりませんのでご注意ください。
    ・Steam版ではPS4でプレイしているユーザーとの対戦は行えません。

    続きを読む

    『DAEMON X MACHINA』PC版が発売されたぞ

    images




    1: 名無しさん必死だな 2020/02/14(金) 09:56:06.16 ID:u99QvfJW0St.V
    俺は買った

    やっぱね
    ゲームの面白さってグラフィックも必要だと思う
    Switchじゃモヤってたデティールがハッキリ見えて戦いやすいし
    何より、見栄えが良くてかっこいい

    続きを読む

    Steam版『デモンエクスマキナ』は4Kや200fpsにも対応に!テクスチャも高解像度化

    images



    1: 名無しさん必死だな 2020/02/05(水) 17:44:24.28 ID:krt6DJIq0
    Steam版『デモンエクスマキナ』は4Kや200fpsにも対応に!テクスチャも高解像度化
    先日電撃的に発表された、ハイスピードメカアクション『デモンエクスマキナ』のSteam(PC)版。
    PCでのリリースということで詳しい内容が知りたいユーザーも多いところではないでしょうか。
    そこで今回、Game*Spark編集部ではSteam版発売元となるMarvelous USA, Inc./XSEED Gamesへ取材、気になる部分について回答を得ることに成功しました。

    質問内容と各返答は下記のとおりとなります。

    ・フレームレートの詳しい詳細
    フレームレートは30, 60, 120, 144, 200の中から選択する方式。

    ・画面解像度の最大
    解像度は4Kまで。16:9以外のウルトラワイドスクリーンは、画面端に黒い帯を表示する形で対応。

    ・グラフィックスオプション
    アンチエイリアス、テクスチャ品質、シャドウ品質、被写界深度等、色々な設定を変更することが可能。

    ・テクスチャの解像度
    Steam版ではテクスチャが新たな高解像度のものに。

    ・マウス/キーボード操作への最適化及び、キーコンフィグの有無
    マウス/キーボードでも不自由なくプレイできるよう調整しており、キーコンフィグにも対応。

    ・収録コンテンツ
    『ウィッチャー3』、「コードギアス 反逆のルルーシュ」、「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の各コラボDLCは未実装。それ以外のDLCについてはスイッチ版と同等のものが利用可能。
    また、本体のゲームバージョン・コンテンツも最新のスイッチ版相当。
    https://www.inside-games.jp/article/2020/02/05/127245.html

    続きを読む

    デモンエクスマキナ、2月14日よりSteamで発売決定!

    images



    1: 名無しさん必死だな 2020/02/04(火) 03:20:17.33 ID:Z2Oo8njIa

    続きを読む

    モンハンアイスボーン、steam同接27万人 前作から8割以上の人が残った模様

    1: 名無しさん必死だな 2020/01/12(日) 01:33:07.76 ID:98Rll+OSp
    no title

    続きを読む

    【悲報】Epic Gamesさん、ゲームを無料配布しまくってSteamから客を奪おうとする

    images




    1: 名無しさん必死だな 2020/01/10(金) 12:54:43.58 ID:zrm1DrRF0
    Epic Gamesを許すな

    no title

    no title

    続きを読む

    【Steam】君はカルロスゴーンになれるか。国外脱出を目指す不謹慎ステルスアクションゲーム『Ghone is gone』が1月23日リリース

    1: ちくわ ★ 2020/01/09(木) 18:59:59.67 ID:FzCX25l99
    no title

    no title


    WasabiSushiStudioは1月20日(月)、元自動車メーカーのCEOをテーマにしたステルスアクションゲーム『Ghone is gone』をリリースする。

    『Ghone is gone』は、仮釈放された「ルソー・ニッソン・ビシビシ企業連合」の元CEO「ロスカル・ゴーン」が、僅かな隙をついて迫る検察や警察などの敵から逃れ、楽器箱に身を隠しながら「西関空港」を目指し、「ノンレバ国」への脱出を試みるステルスアクションゲームだ。

     ゴーンはゲーム開始時に2600億円の資産を所持しており、これがHP(体力)の扱いとなっている。また、HPを消費して相手にお金を投げつけると相手を買収し、無力化できる。ただし、お金をすべて失えばゲームオーバーとなり再逮捕されてしまうので、どれだけお金を残したままノンレバ国へ脱出できるかがハイスコアを出すためのポイントだ。

    他の主要ゲームプラットフォームと比較するとより自由にゲームを配信することができるSteamでは、しばしば時事ネタや、政治家などの権力者をテーマに取り上げた「不謹慎ゲーム」が登場して話題や批判の対象となる。以前には、過激な発言から嫌われ者になった大統領候補を、暗殺者から体を張って守るアクションゲーム『Mr.President!』が発売され、「バカゲー」として一定の評価を受けた。

     一方、社会に憎悪を向けるプレイヤーキャラが一般市民を虐殺するアクションシューターゲーム『Hatred』が登場し、Valveから削除処分を受けた前例もある。ゲーム内でもブラックジョークが用いられることはあるが、どこまで許容できるかは個人の意識や倫理観、国ごとの文化や思想によって変わる。今回の『Ghone is gone』に対して、Steamユーザーたちはどのような評価を下すのだろうか。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17639458/
    2020年1月9日 12時15分

    続きを読む

    モンハンアイスボーン、steamで世界売り上げ1位

    1: 名無しさん必死だな 2020/01/06(月) 07:17:56.85 ID:Ybz01A3jp
    no title

    来週スタート

    続きを読む

    「うたわれるもの 偽りの仮面・二人の白皇」、Steamで発売決定!初代もPC移植予定

    images



    1: 名無しさん必死だな 2020/01/06(月) 17:46:12.77 ID:d7Ur0P6f0
    @4GamerNews: 「うたわれるもの」シリーズ2作品がPCに移植。「偽りの仮面」「二人の白皇」の3か国語対応版が1月23日にSteamで発売 https://www.4gamer.net/games/492/G049221/20200106069/ https://twitter.com/4GamerNews/status/1214097670140096513/photo/1

    『うたわれるもの 偽りの仮面』および『二人の白皇』PC移植版が1月23日よりSteamにて配信開始!今後、初代もリリース予定
    DMM GAMESは、アクアプラスの人気AVG+S・RPGシリーズである『うたわれるもの 偽りの仮面』および『二人の白皇』2作品のPC移植版(日・英・中国語の3ヶ国語対応)を、2020年1月23日よりSteamにて配信開始すると発表しました。
    また、『うたわれるもの 偽りの仮面』のバトルシーンで追加キャラクター「向坂環・久寿川ささら(ToHeart2)」が使用可能となるDLCも同時発売。

    さらに、シリーズ初代『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』についても、今後PC移植版をリリース予定とのことです。

    続きを読む

    【国内STEAM売上】旧作ニーア:オートマタさん、新作RDR2を抜いて1位になってしまう

    images



    1: 名無しさん必死だな 2019/12/07(土) 06:26:40.10 ID:9UGsBN820
    やっぱり日本人PCゲーマーは新作洋ゲーRDR2やHaloより和ゲーなんだね

    no title



    神ゲーだから買いそびれるな

    続きを読む

    ドラゴンクエストビルダーズ2、DLC全収録+4K対応のSteam版が12月11日に発売決定!

    images



    1: 名無しさん必死だな 2019/11/19(火) 15:11:51.63 ID:QQsrxoHX0
    https://dengekionline.com/articles/18139/
    スクウェア・エニックスは、PS4/Nintendo Switch用ソフト『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』のSteam版を12月11日に発売します。価格は6,800円+税です。

    Steam版発売決定に伴い、11月19日より事前購入が開始されています。
    Steam版には、PS4/Nintendo Switch版での追加ダウンロードコンテンツ(DLC)第1弾“和風パック”、
    追加DLC第2弾“水族館パック”、追加DLC第3弾“近代建築パック”の内容があらかじめ含まれており、4Kにも対応しています。

    続きを読む

    steamでライザのアトリエ買おうと思ったら要求スペック高すぎて草

    images



    1: 風吹けば名無し 2019/10/28(月) 23:04:36.20 ID:wFsKbcen0
    最低:
    64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
    OS: Windows 8.1/10(64bit)
    プロセッサー: Core i5 2.7GHz以上(4コア以上)
    メモリー: 8 GB RAM
    グラフィック: NVIDIA GeForce GTX1050 以上
    DirectX: Version 11
    ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    ストレージ: 15 GB 利用可能
    サウンドカード: 16bitステレオ48kHzWAVE形式が再生可能なもの
    追記事項: 1280x720ピクセル以上表示可能なディスプレイを使用。

    なんやこれ

    続きを読む

    Steamの30%の取り分はゲーム業界ではスタンダードなもの

    index


    1: 名無しさん必死だな 2019/10/10(木) 13:25:24.63 ID:fSSvL/yF01010
    Epic Games Storeはゲームソフト売上の12%を受け取る設定のため、Steamの30%という”収益分配率”については賛否両論があります。しかし英IGNによれば彼らの”取り分”はゲーム業界においてはスタンダードなものであるとしています。

    ※注釈:例えば6000円ちょうどのゲームが売れたとした場合、4000円がゲーム会社へ、残りの2000円(30%)が販売者の元へ入るということになる。


    消費者の誤解を取り払うべく、各社の取り分についてまとめてみました。

    ■PCストアの取り分一覧
    Steam:30%
    Epic Games Store:12%
    Humble Store:25%
    COG:30%
    マイクロソフトストア:30%
    ITCH.IO:開発者が決定

    ■据置機ストアの取り分一覧
    PSストア:30%
    Xboxストア:30%
    任天堂eShop:30%
    (Wii時代は35%だった模様)

    ■モバイルストアの取り分一覧
    Apple App Store:30%
    Google Play Store:30%

    ■小売店の取り分一覧
    Amazon:30%
    Gamestop:30%
    Best Buy:30%
    Walmart:30%
    https://uk.ign.com/articles/2019/10/07/report-steams-30-cut-is-actually-the-industry-standard

    続きを読む

    コードヴェインさん、STEAMにて「非常に好評」の良評価!

    index


    1: 名無しさん必死だな 2019/09/28(土) 07:54:58.44 ID:4kNpyBv5a
    は?

    続きを読む

    steamサマーセールが終わった

    e29CbnoTJYDyvU3aFccRSL-320-80


    1: 風吹けば名無し 2019/07/09(火) 13:43:13.71 ID:zAPJCsEU0
    買いたいもん買えたか?

    続きを読む

    『Gears 5』『エイジオブエンパイア』などがsteamに配信決定!

    steam


    1: 名無しさん必死だな 2019/05/30(木) 23:50:29.16 ID:46YW+Zaa0
    Microsoftは『Gears 5』をはじめ『Age of Empires I, II & III: Definitive Editions』など20以上のXbox Game StudiosタイトルをSteamにて順次配信していく方針を明らかにしました。

    同社は「PCゲームを購入する場所に選択肢があるべきだと信じている」と述べ、選択した店舗やプラットフォームに関係なくプレイヤー全員でコミュニティを構築することが重要であるとしています。
    また、何百万人ものPCゲーマーがSteamに信頼を寄せ、Steam版を望んでいるとのフィードバックを受け取ったことを伝えています。

    なお、今後はSteamの他にもXbox Game Studiosタイトルを購入できる店舗を増やしていくとのことで、ユーザーにとっては選択肢が増えるのは非常に嬉しいのではないでしょうか。

    続きを読む

    Steam版『オクトパストラベラー』6月8日に発売決定!

    show


    1: 名無しさん必死だな 2019/04/16(火) 07:24:23.55 ID:peKGFGT40
    https://store.steampowered.com/app/921570
    配信予定日:6月8日
    日本語有り


    で、実際どうだったのこのゲーム

    続きを読む

    【悲報】元Valve社員「Steamのショバ代30%は悪」「steamはPCゲームを殺していた」とぶっちゃけてしまう

    steam


    1: 名無しさん必死だな 2019/04/09(火) 20:46:48.77 ID:OLAAiD+GM
    元Valve従業員「Steamの"税金"でPCゲーム業界が歪んでしまった。Epic Gamesストアを支持する」


    Former Valve Employee Says Steam Was Killing PC Gaming, Epic Games Is Saving It
    https://twinfinite.net/2019/04/former-valve-employee-says-steam-was-killing-pc-gaming-epic-games-is-saving-it/


    ・元Valve従業員のRichard Geldreich氏が、最近論争となっている
    PCゲームのSteamとEpic Games Storeについて言及した

    ・Geldreich氏は2009年から2014年までValveで働いていたが、
    Epic Games Storeを支持している

    ・「SteamはPCゲームを殺していた。
    業界全体に30%の税金を課していて、擁護できなかった。
    SteamがValveにとってどれだけ儲けの多いものだったか、
    あなたには見当もつかないだろう。Steamは仮想印刷装置だった。
    会社全体を歪めてしまった。Epicは全てのゲーマーのために
    歪みを直しているんだよ」

    ・Geldreich氏はSteamの"税金"は擁護不可能なもので、
    開発者とゲーマーの両方を消耗させていると強調している

    ・Steamでゲームを配信した際の利益の配分は、
    開発者側が70%で、Steamは30%。一方、Epic Games Storeの
    配分は開発者側が88%、Epicが12%となっている

    続きを読む

    Steamレビューにて、「トピックのずれた不評」を評価から除外するシステム導入へ。低評価爆撃問題にテコ入れ

    180074


    1: 田杉山脈 ★ 2019/03/16(土) 17:05:03.13 ID:CAP_USER
    Valveは、Steamにおけるユーザーレビューを再考し、新システムを導入する予定があることを発表した。その内容は、「トピずれの(論点のずれた)レビュー荒らしを特定し、レビュースコアから除外する」というもの。Steamでは、販売されているゲームに対しユーザーがレビューをすることが可能。レビュー内容は、ゲームプレイに関するものからバグに関するもの、ローカライズの有無やゲームの価格、サービスについての賛否まで幅広い。そうしたレビューにおける、論点のずれたレビューをスコアから除外するというのが今回の趣旨だろう。

    Valveは以前より「プレイヤーがゲームのレビュースコアを下げる目的で、短期間に大量のレビューを投稿すること」をレビュー荒らしと定義し、問題視してきた。その対策の一環として、現在ではレビューの傾向をグラフ化し、全体のレビューと最近のレビューのセクションに分け、“なにかがあった”ことを可視できるような設計がなされている。たとえば先日『還願 Devotion』に中国の習近平主席を侮辱する描写が含まれていることが判明した際に、中国ユーザーが同ゲームのレビューに低評価爆撃をおこなった(関連記事)。この爆撃は『還願 Devotion』(現在販売停止中)だけに留まらず、開発元の前作『返校 Detention』にまで及んだ。同作のストアでは、そうした爆撃があったことをひと目でわかるようになっている。

    ただし、レビューを見たユーザーが何かがあったことを把握できるようにはなったものの、こうしたレビュー荒らしの投稿は、ストアの右上に表示されるゲームのレビュースコアに反映される。対策はされど、レビュースコアを下げるという狙いは達成されている。そこで今回、論点のずれたレビュー荒らしを、スコアから除外するという決断がなされたわけだ。

    具体的な手順はというと、Valveの構築したツールにより、Steam上のすべてのゲームにおける異常なレビューの動きをリアルタイムで検出。 検出がおこなわれたのち、Valve社内のチームが調査をおこなうというもの。調査チームが、異常な活動がトピックのずれたレビュー荒らしであることを確認した場合、その活動期間にマークを付けて開発者に通知し。 そして、その期間内のレビューは、レビュースコアの計算から除外されるという流れ。

    つまり、ツールによる検知と人間による分析により、「トピずれ荒らしに対するスコア除外」が期間単位でおこなわれるのだろう。なおユーザーは、そうしたトピずれ荒らしのレビューを「除外しない」こともできる。すべての評価を含んだレビューを見ることも可能。チェックボックスよりオプションとして選ぶことができるようだ。

    問題になるのは、やはり「どのレビューをトピックずれに含むか」。たとえばValveはDRMやEULAの変更などに関連する低評価レビューについては、トピずれに含めるという。その理由として「一般的なSteamプレイヤーはこうした事柄にそれほど興味を持っておらず、それを含めない方が、レビュースコアが正確になる」と説明している。そのほか含まれそうなケースとして、Valveはレビュー荒らしを定義する際に「開発者のネット上での発言や、他のプラットフォームのバージョンと Steam バージョンとの相違点に対する不満や、開発者の政治的信念に対する嫌悪感の表明」などを例としてあげている。Valveは「有用性のあるレビュー」を重要視していることから、前述した例は「トピずれ荒らし」として認定されると可能性は高い。ゲーム自体は高く評価されていながらも、中国人プレイヤーの爆撃によりレビューステータスが「ほぼ不評」に変化した前出の『還願 Devotion』は、販売が再開されたのち、スコア除外が適応されれば大きくゲームの評価が変わることになりそうだ。

    ユーザーの反応はというと、コメント欄では「検閲である」とし、今回の決断に反発する声は非常に目立つ。そもそも「DRMやEULAの変更」についてのレビューはトピックずれではないと反論する声も多い。もちろん、「ゲームレビューとしての有用性」という基準は定められているものの、最終的な判断をくだすのはValveの調査チーム。「どのレビューをトピックずれであると含むか」というのは、そのチームの判断に委ねられることになる。Valveは最近特に審査面の曖昧さおよび不透明さから、「判断力」に問われるケースが多々ある(関連記事)。そんなValveのチームが「トピックずれ」についての判断をするとなれば、疑問視する声が出てくるのは自然であるだろう。
    以下ソース
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20190316-87463/

    続きを読む
    follow us in feedly
    記事検索
    最新記事(画像付)
    メッセージ
    スポンサードリンク
    逆アクセス
    スポンサードリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク