ゲーム感想・評価まとめ@2ch

2chのゲーム感想まとめです。興味のあるゲームを買うかどうかの判断材料に

社にほへと

【悲報】 神社擬人化 DMM×女神転生「社にほへと」 開発中止を発表

1: 名無しさん@涙目です。 2017/09/11(月) 13:59:02.39 BE:829826275-PLT(12931) BE:829826275-PLT(12931).net
<社にほへと 開発中止に関するお知らせ>

DMM GAMES
社にほへと運営チーム

平素はDMM GAMESをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

DMM GAMESは、純和風シミュレーションRPG『社にほへと』につきまして、開発の中止を決定しましたことをお知らせいたします。
なお、これに伴い、今後の配信ならびに事前登録も全て中止いたしましたことをご報告いたします。

本タイトルは、2017年03月15日の配信の発表以降、クオリティの向上、不具合の修正のために開発を続けて参りましたが、
度重なる検討の結果、正式サービスを行うためのクオリティの確保、並びにお客様への安定的なサービスの提供に支障があると最終的に判断し、
開発の中止を決定いたしました。

『社にほへと』のサービス開始をお待ちいただいたお客様には、多大なるご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございません。

なお、事前登録にご登録いただいた情報は、このお知らせをもちまして全て破棄させていただきます。

今後とも、DMM GAMESをご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。
http://www.dmm.com/netgame/top/guide/yashiro_html/=/ch_navi=none

今度は神社が美少女に。DMM,女神転生シリーズの鈴木一也氏らが世界観監修を手がける新作ブラウザゲーム「社にほへと」を発表
http://www.4gamer.net/games/374/G037443/20170315007/
no title

no title

no title

PV
http://nico3.org/sm31609152
http://www.bilibili.com/video/av9198388/


続きを読む

DMMの神社擬人化ゲーム『社にほへと』に神社本庁も難色を示す、「これはちょっと…」「気分のよいものではありません」

ダウンロード (1)


1: あやねると結婚したい(*´ω`*) ★ 2017/04/06(木) 07:16:00.73 ID:CAP_USER.net
『艦隊これくしょん-艦これ-』や『刀剣乱舞-ONLINE-』など数多くのヒット作を世に送り出してきた「DMM GAMES」が新たに発表した『社にほへと』。夏からのリリースを予定して、事前登録が始まっているこのタイトルは、神社を擬人化した「社巫娘」なる美少女キャラクターが登場する。

事前登録をすると、毎日1回おみくじを引くことができ、「おみくじ」を引くと、大吉から凶までがキャラクターのレアリティによって分類されている。つまり、特定の神社は大吉、あるいは凶と分類されているようである。

信仰心や日本における神社の存在理由を少しでも知っていれば、ここに超えてはいけない線を越えていることを感じるのではないか。

取材に応じてくれた神社本庁の担当者も、おみくじを見て「これはちょっと……」と顔を曇らせる。

また、凶の「おみくじ」を引くと登場するキャラクターに割り当てられた石清水八幡宮に話を聞いたところ「(神社の名前を)使用したい等の連絡は来ておらず、まったくの無断使用」というのである。

「DMM GAMES」にも話を聞いたところ「本ゲームは『神社』をイメージした“フィクション”である内容のため、実際に実在する人物・建物・団体とは一切関係はございません」という。そして「おみくじ」についても「結果の運勢に『社(やしろ)』が紐づいているものではない」というのである。

<中略>

そこで、神社本庁にアポイントメントを取った。こちらの取材の趣旨を告げ『社にほへと』の件に触れると「そういうのもあるみたいですね」と、既に知っていたのである。

私の持参したノートパソコンで「おみくじ一覧」を見てもらったとき、岩橋氏の顔が少し曇った。その「おみくじ一覧」には、キャラクターのレアリティ(希少度によるキャラクターのランク付け)によって大吉から小吉までが割り当てられているようであった。

このレアリティが、どのように設定されているのかはわからない。ただ、ある神社は大吉、あるいは小吉とカテゴライズされているようだった(ゲームが稼働前のため、詳細なレアリティの設定などは不明)。

「これはちょっと……」

そう言葉を漏らし、少し間をおいてから、岩橋氏は続けた。

「ここまでは見ていませんでした。信仰を持つ側としては気分のよいものではありません。いったい、なんの根拠があって、やっているのでしょうか……」

岩橋氏は決して、偏狭な考えから話しているのではない。あくまで、しごく真っ当な懸念であった。

「気になるのは、お宮自身が承諾をしているかどうかです。これが、ご祭神名であれば、逃げられるんですが……春日大社があるのに、鹿島神社もありますよね」

春日大社と鹿島神社は、同じ建御雷之男神を祭神とする神社である。神社を「擬人化」というのが『社にほへと』のコンセプトのようではあるが、開発段階で祭神を同じくする神社が重なっている。そこに、神道への理解の浅さを感じているようであった。

「確かに天照大神が一番貴い神様とはいわれますが、その一方で、天照大神のお一方ではできないこともあります。日本の神様は人間と同じく得手不得手もあるのです。なので、神様同士で力を合わせて世の中をよくしていくというのが、日本の神様なんです。モチーフとしてこういうところに使うという気持ちはわかりますが、なぜ神様じゃなくて神社なんだという疑問はありますね」

ならば、こうしたゲームが登場したことによって、どのようなことが懸念されるのだろうか。

「神社とか日本の神様に対して、意識の薄い人たちが純粋にゲームとして楽しむかもしれません。怖いのは、そういう方たちが『舞台だから、登場人物だから』というだけで神社に行ったときに、ほかの参拝の方がいらっしゃる中で、不敬な行為を行うことです。神社側としては節度を保って下さいとは言うのでしょうけど、ほかの参拝の方の気分を害しないのか、と」

マンガやアニメなどの作品により深く寄り添いたいと「聖地」を訪れるファン。けれども、その「聖地」が神社だったとき、彼らは神社をどのようなところとして捉えているのか。岩橋氏は、そこに、いささかの疑問を感じているようだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170404-00010009-otapolz-game


続きを読む

今度は神社が美少女に擬人化!DMM、新作ブラウザゲーム「社にほへと」を発表

1: yomiφ ★ 2017/03/15(水) 12:41:50.44 ID:CAP_USER.net
no title


 DMM.comは,神社を擬人化した美少女が登場する新作ブラウザゲーム「社にほへと」(やしろにほへと)のサービスを,DMM GAMESにて2017年夏に開始すると発表し,事前登録の受付を公式サイトで本日(2017年3月15日)開始した。

 前述のとおり社にほへとは,神社を擬人化した可愛い美少女が活躍するシミュレーションRPGだ。
日ノ本の中心が「平安の京」と呼ばれていたところ,穢れと共に妖化(あやかし)が世にあふれ出した。八百万の神は人々の祈りに応え,社が少女の姿を成した――というのが物語の背景である。
その少女達は「社巫女」(しゃみこ)。社巫女達と共に穢れを払い,妖化を含む“すべてのもの”を救うのが,「咒師」(じゅし)となったプレイヤーの使命だという。

 詳しいゲームシステムは判然としないのだが,公式サイトによれば,世界観監修は女神転生シリーズを手がけた鈴木一也氏が,シナリオはテーブルトークRPG「小さな勇者のRPG ウタカゼ」で知られる小林正親氏が担当する。
PVでは,世界観監修の一人として,女神転生シリーズで原作を手がけた西谷 史氏の名も挙がっている(プレスリリースでは,世界観監修とメインシナリオが鈴木氏と西谷氏,キャラクターシナリオが小林氏となっている)。
映像を観れば,伏見稲荷大社や住吉神社,八坂神社などが美少女化され,それぞれ,声優・水樹奈々さんら豪華キャストが声をあてることなどが分かるはずだ。

 なおPVでは「PCブラウザ先行配信予定」とされているので,2017年夏以降には別途スマートフォン版などの展開があるのかもしれない。
事前登録キャンペーンで声優・中島 愛さん演じるキャラクター「厳島(いつくしま)」を入手可能とのことなので,興味を持った人は,まずは事前登録を済ませておこう。

http://www.4gamer.net/games/374/G037443/20170315007/

社にほへと PV
https://youtu.be/6NBgPgM9g50



公式サイト
http://www.dmm.com/netgame/feature/yashiro.html


続きを読む
follow us in feedly
最新記事(画像付)
記事検索
最新コメント
メッセージ
スポンサードリンク
アマゾンランキング
アクセスカウンター

    人気DVD
    人気コミック
    ブログパーツ アクセスランキング