ゲーム感想・評価まとめ@2ch

2chのゲーム感想まとめです。興味のあるゲームを買うかどうかの判断材料に

    桝田省治

    『ガンパレ』『俺屍』『リンダキューブ』どれかがPC向けに再販されるかも?

    images




    : 名無しさん : 2021/03/27(土) 18:19:13.33 ID:/Ka6FBV10
    『ガンパレ』『俺屍』『リンダキューブ』どれかがPC向けに再販されるかも?桝田省治氏がアンケートを実施 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト
    https://www.gamespark.jp/article/2021/03/27/107304.html

    続きを読む

    さくまあきら、“復帰作”でシリーズ最大の売上「もう一度、悔いのない『桃鉄』を作りたかった」

    1: 名無しさん : 2021/02/25(木) 18:01:11.83 ID:CAP_USER9
    オリコンニュース 2/25(木) 8:40

     時代を越えて愛される名作ゲーム『桃太郎電鉄』シリーズ。発売開始から30年を超え、4年ぶりの完全新作として発売された『桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番!~』が、コロナ禍の巣ごもり需要も取り込み、累計販売本数(ダウンロード版を含む)250万本とシリーズ最大売上を記録した。シリーズ生みの親であり、一度は引退したものの復帰し、本作で総監督とゲームデザインを務めたさくまあきら氏と副監督の桝田省治氏が、本作の大ヒットの裏側を語った。


    ※続きはリンク先で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210225-00000300-oric-ent
    no title

    続きを読む

    さくま・桝田「『桃鉄』と『桃鉄に似たボードゲーム』との完成度の差は歴然、実績と信頼が差別化ポイント」

    images





    1: 名無しさん : 2021/02/25(木) 11:58:47.66 ID:cBDpwOjOr
    https://news.yahoo.co.jp/articles/29b751470d42b53a2d4615ee28e799f0792feb58
    ――本作のサブタイトル『~昭和 平成 令和も定番!~』はとてもシンプルです。

    【さくまあきら】 
    桝田省治さんのアイデア。広告代理店の出身なので、サブタイトルは彼におまかせです。『桃鉄』という言い方も彼からです。

    【桝田省治】 
    数年前にシステムも見た目も『桃鉄』に似たボードゲームが発売されました。『桃鉄』と完成度の差は歴然でしたが、それはプレイしてみないと見えにくい。
    プレイする前から訴求できる差別化ポイントは、30年以上の実績や信頼、そして知名度。これがもっとも伝えやすい差別化ポイントと判断し、
    現状のサブタイトルに決めました。

    続きを読む

    「桃鉄」副監督の桝田省治さん、コナミ株で儲けた話をしたらインサイダー取引を疑われてしまう

    images




    1: 名無しさん : 2020/11/28(土) 12:13:18.88 ID:qurM9R/I0
    桝田省治@ShojiMasuda
    KONAMI株、連日の高値更新か。
    5500円になったらスタッフに多少なりともご祝儀を配ろうかと思っていたが、桃鉄の収益が乗る次の決算まで待てば6000円の大台も見えるかも。ここは置いておくべきか。8か月前3000円を割って他のゲーム会社がぐんぐん上がるなか置いてけぼりになってた銘柄とは思えないね

    ゆきお@@Yuki___o
    えと………インサイダー? 大丈夫?(滝汗)

    桝田省治@ShojiMasuda
    桃鉄のテストプレイができる最初のバージョンがあがったのが今年の1月末。
    無事にマスターが入りますようにと初詣のお賽銭がわりに少し買ってみた。
    確か4500円くらい。そこからイマイチの決算の2月、コロナ禍3月の大暴落。最安値2461円を経て、先月やっと買値にもどった。
    これをインサイダーとwww

    桝田省治@ShojiMasuda
    桃鉄を面白くすればもしかして少しくらいは取り戻せるかもと7月あたりに何度か気持ちを奮い立たせたのは確かだけど、
    タイムマシンで1月に戻れるとしたらゼッタイ買わないな。
    なにせKONAMIの株を買うために虎の子のTSLAを売ったんだから。まったく馬鹿なことしたもんだよ。

    ゆきお@@Yuki___o
    あー……心掛けとしてはわかるのですが、桃鉄が発売されるというのは立派な内部情報足り得るので、
    法務か弁護士の方に聞かれることを強くオススメします。

    桝田省治@ShojiMasuda
    桃鉄が今年の年末発売目指して制作中と発表されたのは去年の9月のTGS。
    今でも検索すればネットニュースとして誰でも読める。テストプレイの状況も含めて制作途中の情報も随時流してる。
    1月時点で知りえた内部情報は「さくまさんの手術は上手くいった。でも桃鉄のスケジュールがヤバい。俺たいへん」

    続きを読む

    俺屍の桝田省治新作、『勇者死す。again』PS4/Switchで2020年春発売決定

    images



    1: 名無しさん必死だな 2019/12/13(金) 22:09:58.14 ID:RsTu0mdM0
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1224263.html
    DEGICAは、プレイステーション 4/Nintendo Switch/PC用RPG「勇者死す。again」を2020年春に発売する。価格は未定。
    「勇者死す。again」は、2007年にフィーチャーフォン用ゲームとして配信され、“終わりから始まるRPG”という斬新な展開や世界観で人気となった「勇者死す。」のリマスター版。
    本作は、ラスボスとなる魔王との戦いから始まり、その戦いで勇者が命を落とすところからゲームがスタートする。
    その後、勇者は魔王と戦った勇気に免じて余命5日間を神様から与えられ、その限られた時間の中で、何を最期になすのかを選択しどのように死ぬかが描かれる。
    ゲームデザイン・シナリオは、「俺の屍を越えてゆけ」のゲームデザインを担当したことで知られる桝田省治氏が手掛けている。
    今回のリマスター版では、メインテーマが新曲へとアップデートされるなどのさまざまな追加要素が加わっている。


    https://www.4gamer.net/games/489/G048976/20191213016/
    DEGICAは本日,2007年にケータイアプリとしてリリースされ,2016年にはPS Vitaでも発売されたRPG「勇者死す。」のリマスター版
    「勇者死す。again」を,2020年春にマルチプラットフォームで発売すると発表した。


    日本一がVitaで出したやつのリマスター
    https://nippon1.jp/consumer/yushashisu/

    続きを読む

    桝田省治「俺の屍を越えてゆけ」

    ダウンロード


    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 10:55:29.40 ID:Sh9sL1Mtr.net
    3でリベンジって無理なのかな~

    続きを読む
    記事検索
    最新記事(画像付)
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    メッセージ
    スポンサードリンク
    逆アクセス
    スポンサードリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク