ゲーム感想・評価まとめ@2ch

2chのゲーム感想まとめです。興味のあるゲームを買うかどうかの判断材料に

押井守

【悲報】押井守さん、フォールアウト4にガッツリハマってしまい廃人に

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 17:43:51.79 ID:hz5fX/Er0.net
ついに登場しましたB.O.S.の空中戦艦(実際には司令部機能を備えた前線補給艦)です。
いつものようにレイダーの巣くうビルの地下で銃撃戦を演じ、地上に出てみれば頭上を、それこそ宮さんが描いたような空中戦艦がゴンゴンと侵攻してきたのでした。

蛇穴を出てみれば周の天下なり――じゃありませんが、ウェイストランドの政治状況はプレイヤーの思想的節操など無視して刻々と変化しているようです。
他人と関わりたくないくせに好奇心だけは旺盛な性分なので、早速彼らの前線基地を偵察に出掛けてみれば、
ゲートには威圧的な黒いパワーアーマーを装着した歩哨の姿がありました。

「民間人は立ち入り禁止だ」という恫喝に始まって「B.O.S.以外はゴミ同然だ」等の差別発言悪口雑言ヘイトスピーチの嵐です。
他人の縄張りに勝手に入り込んできたくせに、数と力を背景に優越意識剥き出しの言いたい放題です。

私の大嫌いな恫喝人間どもです。
治安の回復を口実にしてはいますが、その内実が勢力圏拡大を狙った侵攻作戦であることは明白でしょう。
血が逆流しましたが、ここで下っ端の頭を吹き飛ばせば寄ってたかって穴だらけにされるのは必至です。
その場で戦端こそ開きませんでしたが、それ以来、廃墟で連中の偵察部隊を見掛けたらストーキングで背後から接近して愛用の50口径で狙撃。
証拠を残さぬように皆殺し。身ぐるみ剥いでパンイチで転がすことに決めました。
相手は侵略者なのですから、容赦は無用です。
いまのレベルで敵対するのは得策でないので、あくまでゲリラ行動に徹していますが、すでにベルチバードを二機撃墜。
パワーアーマーは必ず鹵獲し、戦利品として拠点に持ち帰って並べています。

no title

no title
Fallout 4 - PS4
ベセスダ・ソフトワークス
2015-12-17


続きを読む

押井監督「映画が2時間の中でちまちまやってる内に、ゲームは終わりのないコンテンツに進歩してた」

images


1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 18:45:19.60 ID:Zll/iuFt0?2BP(1000)
押井守:全然関係ない話なっちゃうけど、もっと言えば映画自体がゲームに水をあけられている。この2年間、ゲームばっかりやってきた結論として、これは映画ヤバイんじゃないって感じた。
映画だと2時間で終わっちゃうけど、Fallout(核戦争後の地球を舞台にしたゲーム)は200時間やっても飽きない。終わらないし終わる必要もない。終わる必要がないってのは新しい形式だと思った。
オープンフィールドの環境とキャラクターを用意すれば、あとは自分でストーリーを作れるからね。

映像体験としても全然いいですよ。時間が進むと光も変わってくるし、雨が降ったり風が吹いたりさ。僕ならロードショーに3回行くんだったらゲームを買う。
もちろん優れたゲームだけの話になってくるけど、それが形になっちゃったことがショックだった。かつては一生懸命映画の真似してるなーってくらいに思ってたんだけどさ。今は眼中にないよね。
2年近くゲームをやってきた結論として、こういう危機感を持たずに映画を作っていいのかっていう気がした。

だから、いい時代に映画作ってきたなぁと思うよ。あらゆることを体験したし、好きなことをやって来たしね。これからは作る人はそういうところが大変だよ(笑)。
でもさ、余計思うんだけど今の映画っていろんな目先は変えられるんだけど、表現というレベルでは明らかに停滞してるよね。なんでもそうだけど結局デジタルってさ、目先はともかく表現の本質を変えなかったという気がしてる。
だから映画にできることは何ひとつ変わっていないです。そういう意味で割とさ、冷たくというか突き放して見れるのは、僕がデジタル表現の人間じゃないからですよ。最近は80%、YouTubeしか見てないから。
しかもYouTubeでゲーム見てるだけ。映画より面白いもん。みんな違うから。100人の人間がそれぞれ違う印象で席を立つっていうのを地で行ってんのがゲームなんだよね。100人が100人、違う物語を見てる。
http://www.gizmodo.jp/2017/04/oshii-mamoru-interview.html
Fallout 4 - PS4
ベセスダ・ソフトワークス
2015-12-17


続きを読む
follow us in feedly
最新記事(画像付)
記事検索
最新コメント
メッセージ
スポンサードリンク
アマゾンランキング
アクセスカウンター

    人気DVD
    人気コミック
    ブログパーツ アクセスランキング