ゲーム感想・評価まとめ@2ch

2chのゲーム感想まとめです。興味のあるゲームを買うかどうかの判断材料に

    古川俊太郎

    任天堂古川「3DSは想定よりはやく市場が小さくなっている。Switchは家庭内に複数売りたい」

    250px-Nintendo-3DS-XL-angled


    1: 名無しさん必死だな 2019/02/03(日) 13:30:30.64
    古川:
    ニンテンドー3DS に関しては、私たちの想定よりもやや早く市場自体は小さくなってきていると
    感じる一方で、現在ニンテンドー3DS をお買い求めいただいているお客様は、初めてのゲーム機と
    して手に取っていただいている方が多くなっています。ニンテンドー3DS には、サイズが小さく、
    軽量で携帯しやすい、価格面でもお求めやすいといった携帯型ゲーム機の魅力があり、お子様にと
    っての初めてのゲーム機として、親御さんたちにご購入いただけるゲーム機として、まだ需要は残
    っていると思っています。したがいまして、Nintendo Switch とニンテンドー3DS の両方でゲーム
    専用機ビジネスを進めていくというのが基本的な方針です。

    今後の Nintendo Switch の販売に関しては、まずは一家に 1 台お買い求めいただくことが必要で
    あると考えており、普及拡大に向けて需要を大きく伸ばしたいと思います。一方で、ご家庭内で
    Nintendo Switch を何人の方が利用されているかを調べてみますと、1 台の Nintendo Switch を複数
    人で遊んでおられるご家庭が一定数いらっしゃいますし、すでに一つのご家庭で複数台ご購入いた
    だいているお客様もいらっしゃいます。今後、ソフトの提案等を通して「自分の Nintendo Switch
    が欲しい」と思っていただけるような需要を創出し、一人 1 台とまでは申しあげませんが、ご家庭
    内で複数台の Nintendo Switch を持っていただけるように目指していきたいと思います。
    https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2019/190203.pdf

    続きを読む

    任天堂社長「スマホ向け事業を収益の柱の一つにしたい」

    dly1609080018-f1


    1: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 15:41:30.09 ID:sXNkORSjM
    ニュースイッチ
    2019年01月19日
    任天堂社長「時間はかかるがスマホ向け事業を収益の柱に」

    トピック
    古川俊太郎氏インタビュー「大ヒットを狙う」
    任天堂「スーパーマリオ ラン」公式ツイッターより

     ―家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けの自社ソフトウエアを、2018年10―12月に4本発売しました。
     「それぞれ順調に販売が伸びている。その中でも12月に発売した対戦アクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル』は、初週の世界販売本数が500万本を超えた。スイッチ向けソフトはもちろん、テレビとつなげる当社の据え置き型ゲーム機向けでも歴代1位の速さだ。ソフトと合わせてスイッチの販売も11月中旬から勢いが出てる」

     ―ゲーム事業はスマートフォン向けを強化しています。
     「ゲーム機だけでなくスマホにも展開すると、ゲームのキャラクターを世界へ普及する力が格段に高まる。スイッチの販売は現在約60カ国だが、スマホ向けゲーム『スーパーマリオ ラン』は150カ国近くに普及している。時間はかかるが、スマホ向け事業を収益の柱の一つにしたい。複数のアプリケーション(応用ソフト)で複数分野へ展開しながら大ヒットを狙う」
    https://newswitch.jp/p/16156

    続きを読む

    任天堂・古川社長「スイッチと3DSの棲み分けはできている」

    series_05-img


    1: 名無しさん必死だな 2019/01/17(木) 07:54:52.19 ID:v1nSxg2d0
    (携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の事業はどうするのか。)
    「間もなく発売8年目で、初めてゲームをする人が購入層のメインになってきている。3DSは軽くて携帯性に優れ、価格も手頃。スイッチとのすみ分けはできており、ビジネスは継続していく考えだ」

    https://s.kyoto-np.jp/info/keizaitokusyu/top_interview/20190112_7.html

    続きを読む

    任天堂 古川社長「スイッチのソフト好調」 1億本販売に自信

    ns


    1: 名無しさん必死だな 2018/12/21(金) 13:54:12.66 ID:/jvUph44d
    https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20181221000056

     任天堂の古川俊太郎社長は20日、年末商戦に向けて発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の新作ソフトが好調に滑り出したことを明らかにし、2019年3月期の目標に掲げる年間1億本のソフト販売の達成に自信を示した。

     任天堂は年末にかけ、10月に「スーパー マリオパーティ」、11、12月には人気タイトルの「ポケットモンスター」「大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ)」のシリーズ新作を立て続けに投入。
    スマブラは発売1週目で国内外の販売数(ウェブのダウンロード含む)が500万本を超え、同社の歴代据え置き型ゲーム機向けでは最速記録となった。

     スイッチ向けソフトの販売は4~9月で4213万本。矢継ぎ早に大型タイトルを発売し、需要が伸びる年末年始に積み上げる。

     新作ソフトの好発進で、発売2年目のスイッチ本体の販売も拡大しているが、目標とする年間2千万台の手応えについて、古川社長は「容易ではない目標で、年始にどう伸びるかだ」と慎重な見通しを示した。今後も人気タイトルを切れ目無く投入する方針で、「外に持ち出しても遊べるので、プレイスタイルを変えられる魅力をもっと広めたい」と述べた。

    続きを読む

    任天堂・古川新社長「ニンテンドー3DSの後継機は色々な可能性を検討している。」

    81xJ7h8wcIL._SL1500_


    1: 名無しさん必死だな 2018/06/30(土) 04:48:20.26 ID:G9a0rGeI0.net BE:695540982-2BP(1000)
    ニンテンドー3DS、後継機は色々な可能性を検討。当面は住み分け

    28日の株主総会後に任天堂の社長に就任した古川俊太郎氏(46)が京都新聞社の取材に応じ、
    スマートフォン向けのゲーム事業について「収益の柱とするには、売上高1千億円が一つの目安」との目標を示した。振れ幅の大きいゲーム専用機だけでなく、事業を多角化することで業績を安定化させる考えだ。

    同社は2016年にスマホ向けゲームに参入。18年3月期の売上高はキャラクターの使用料収入なども含めて393億円だった。まだ売上高全体の4%程度だが、古川氏は「今後の重要なビジネス。
    (売上高1千億円は)難しいが、挑戦のしがいがある。独創的なゲームを出して実現する」と強調した。
    毎年2、3本のゲームを配信する方針で、提携を結んでいるディー・エヌ・エー(DeNA)など2社以外でも協業を模索するとした。
     発売2年目を迎えた新型家庭用ゲーム機ニンテンドースイッチについては
    「足元の販売は順調。野望は1人1台の普及だ」と述べ、魅力的なソフト開発を通じて実現を目指すとした。販売中の国・地域は約60に上るが、
    「インドや東南アジアなどがまだだ」として拡販に意欲を示した。
     
    発売から7年がたった携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」は「商品として長くなったが、買い求めやすさなどの面でスイッチよりも優位性はある」と説明。
    スイッチも持ち運びが可能だが、当面は住み分けしていくとした。後継機については「いろいろな可能性を検討している」と述べるにとどめた。
     
    任天堂はハード(ゲーム専用機本体)とソフトを一体で開発、販売するビジネスモデルにこだわってきた。

    その方向性は「今後も変わらない」としながらも、「独創的な娯楽を提案できなければ据え置き型機は不要になる」と危機感も示し、魅力的な商品開発に注力するとした。
     目指す企業像については「全社員が世の中に驚きや笑顔をもたらせたいと考えているのが会社の強み。今後も人々を笑顔にする娯楽を作り続ける会社でありたい」と力を込めた。
    http://s.kyoto-np.jp/economy/article/20180629000097

    続きを読む

    任天堂 古川俊太郎氏が代表取締役社長に就任、宮本茂氏が代表取締役に再任

    images


    1: 名無しさん必死だな 2018/06/28(木) 15:14:56.64 .net
    https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2018/resolution_notice1806.pdf

    第78期 定時株主総会決議ご通知
    拝啓 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます。
    さて、本日開催の当社第 78 期定時株主総会において、下記のとおり報告ならびに決議されましたので、

    1. 第78期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)事業報告の内容、連結計算書類の内容 ならびに会計監査人および監査等委員会の連結計算書類監査結果報告の件
    2. 第78期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)計算書類の内容報告の件 本件は、上記につき、各内容を報告いたしました。
    決議事項
    第1号議案 剰余金の配当の件
    本件は、原案どおり承認可決され、期末配当金は 1 株につき 480 円と決定いたしました。
    第2号議案 取締役(監査等委員である取締役を除く。)5名選任の件
    本件は、原案どおり、取締役(監査等委員である取締役を除く。)に宮本茂、高橋伸也、古川俊太郎、 塩田興、柴田聡の 5 氏が選任され、それぞれ就任いたしました。
    第3号議案 監査等委員である取締役4名選任の件
    本件は、原案どおり、監査等委員である取締役に野口直樹、水谷直樹、梅山克啓、山嵜正雄の 4 氏が選 任され、それぞれ就任いたしました。なお、水谷直樹、梅山克啓、山嵜正雄の 3 氏は、社外取締役であ ります。

    ○ 本定時株主総会終了後開催された取締役会において、代表取締役が次のとおり選定され、それぞれ 就任いたしました。
    代表取締役社長 古 川 俊太郎 代表取締役 宮 本 茂

    ○ 本定時株主総会終了後開催された監査等委員会において、常勤監査等委員が次のとおり選定され、 就任いたしました。
    常勤監査等委員
    野口直樹

    続きを読む

    任天堂、スマホで1000億円目指す 次期社長「収益の柱の一つに」

    51c2075b452d49f4430d8638132375b6


    1: ムヒタ ★ 2018/06/23(土) 07:45:02.87 ID:CAP_USER.net
     任天堂の新社長に28日就任する古川俊太郎取締役常務執行役員(46)は22日、共同通信のインタビューに応じ、スマートフォン向けゲームの売上高を早期に現在の数倍となる1000億円規模に引き上げることを目指すと明らかにした。現在の好業績を支える家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」などに続く事業として軌道に乗せることで、収益の多角化を図る。

     古川氏は「スマホ向けは重要なビジネスで、将来的に収益の柱の一つにしたい」と表明。年2、3タイトルを継続的に配信し、ユーザー獲得を目指す。古川氏とともに取材に応じた君島達己現社長(68)も、スイッチが想定以上に成功したのに比べてスマホゲームは「思ったところまでいけなかった」と振り返り、今後の新社長の手腕に期待感を示した。

     任天堂はスマホゲームで2015年にディー・エヌ・エー(DeNA)と提携。16年から人気キャラクター「マリオ」が登場するゲームの配信を始めるなどして浸透を図ってきたが、直近の関連売上高はキャラクター使用料収入なども含めて393億円で、全体の約4%にとどまっていた。

     17年3月の発売から2年目のスイッチの販売に関しては、古川氏はまだ「順調に推移している」と強調。本年度の販売目標2000万台の達成に向け新たなソフトの投入をてこに拡販に努めるとともに、販売地域を現在の約60カ国・地域から広げる考えも示した。

     社長交代で若返りが進むことについて、君島氏は「世代交代が進む中で新しい発想を期待したい」と述べ、古川氏は「独創的な新しい製品を出す姿勢をしっかり維持していきたい」と語った。
    2018.6.23 06:10
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180623/bsd1806230610012-n1.htm

    続きを読む

    任天堂新社長古川氏「脱Switch依存、スマホなど他のビジネスを育てる必要がある」

    CI0003-thumb-450x339-15422


    1: 名無しさん必死だな 2018/04/27(金) 02:16:45.49 ID:5hdM/sDmr.net
    https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&n_cid=DSMMAA13&ng=DGXMZO29885340W8A420C1TJ1000&scode=7974&ba=1
    1983年の「ファミリーコンピュータ」の発売で世界的に有名になり、任天堂は日本を代表する企業に成長した。
    ただゲーム情報誌「ファミ通」の調べによると、16年の国内のスマートフォン(スマホ)ゲーム市場は9690億円で、
    家庭用ゲーム機の3倍近く。市場構造が大きく変わるなか、任天堂が家庭の娯楽の中心であり続ける保証はない。
    「事業全体に占めるスイッチの割合が高くなっており、スマホゲームなど他のビジネスを育てる必要がある」と古川氏。
    脱スイッチ依存も新経営陣が直面する課題だ。

    続きを読む

    任天堂、君島社長が退任 古川氏が昇格

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/04/26(木) 16:31:15.91 ID:CAP_USER9.net
    任天堂、君島社長が退任
    古川氏が昇格
    2018年04月26日 16時15分配信 京都新聞
    http://s.kyoto-np.jp/top/article/20180426000113

    退任する任天堂の君島社長
    no title


    任天堂は26日、古川俊太郎取締役常務執行役員(46)が社長に昇格するトップ人事を発表した。君島達己社長は退任する。

    続きを読む
    follow us in feedly
    記事検索
    最新記事(画像付)
    メッセージ
    スポンサードリンク
    アクセスカウンター

      スポンサードリンク
      最新コメント
      スポンサードリンク
      ブログパーツ アクセスランキング