ゲーム感想・評価まとめ@2ch

2chのゲーム感想まとめです。興味のあるゲームを買うかどうかの判断材料に

    ライブアライブ

    【超絶悲報】ライブ・ア・ライブ生みの親・時田「LALのリメイクがないのは当時のデータがないから」

    65ba94d2cc848e3fb37dcfc8e953a13b


    1: 名無しさん必死だな 2018/01/30(火) 13:59:40.70 ID:umIbh3g80.net
    「スクエアにはメインプログラムと一部のスクリプトしかデータが残ってなかった」
    ライブ・ア・ライブ オリジナル・サウンドトラック
    ゲーム・ミュージック
    SMD itaku (music)
    2012-05-02


    続きを読む

    3DSでライブアライブ、トラキア776がVC化!

    00000456_2_820_461


    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2016/11/28(月) 14:03:27.40 ID:VljZIkvDp.net
    http://s.famitsu.com/news/201611/28121568.html
     任天堂は、本日2016年11月28日より、Newニンテンドー3DS専用スーパーファミコンバーチャルコンソール6タイトルを配信開始した。

     本日11月28日より追加配信開始されるタイトルは、以下となる。

    ・『ライブ・ア・ライブ』(価格:926円[税込])
    ・『ファイアーエムブレム トラキア776』(価格:926円[税込])
    ・『マリオのスーパーピクロス』(価格:823円[税込])
    ・『カービィのきらきらきっず』(価格:823円[税込])
    ・『スーパーファミコンウォーズ』(価格:823円[税込])
    ・『Pop'nツインビー』(価格:823円[税込])


    続きを読む

    【WiiU】ライブアライブ配信決定

    gcmatome


    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 10:20:25.65 ID:OrAXa16W0.net
    来週配信

    続きを読む

    スクウェア・エニックスの名作RPG『ライブ・ア・ライブ』復活か!?ツイッター上で拡散を呼びかけ

    5


    1: yomiφ ★ 投稿日:2014/08/01(金) 22:21:56.22
    ツイッターの「スクウェア・エニックスMUSIC」公認アカウントが、『ライブ・ア・ライブ』を
    盛り上げたい人に対しツイートの拡散をして欲しいと呼びかけています。

    『ライブ・ア・ライブ』は、1994年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたRPGです。
    SF・西部・中世などさまざまな舞台が用意されたオムニバス形式になっており、
    すべての主人公で冒険を終えたあとの展開は、当時のプレイヤーたちの度肝を抜くものでした。
    また、作品のキャラクターイラストは青山剛昌、小林よしのり、皆川亮二など有名漫画家が手がけています。

    『ライブ・ア・ライブ』はこれまでリメイクなどがされておらず、ファンは何か動きがあるのかと
    喜んで拡散をはじめています。現時点(記事執筆時)で既に4000RTを越しており、
    拡散の勢いは衰えません。

    sq_staff
    ?https://twitter.com/sq_staff/status/494832316930592768
    すいません久々過ぎで!みんなの力が必要です!今だからこそ、LIVE A LIVE を
    盛り上げたい人このツイートRTお願いします!マジでみんなの力が必要なんです!本当にお願いします!


    これに関連しているのか、『ライブ・ア・ライブ』のディレクターを担当した時田貴司氏は、
    『ライブ・ア・ライブ』バーチャルコンソールをダウンロードしてくれる人はどれくらいいるのかと、
    同じく拡散を求めています。
    https://twitter.com/Takashi_Tokita/statuses/494837343799373824

    これはもしや『ライブ・ア・ライブ』のバーチャルコンソールが配信される兆しかと
    思いたくもなるのですが、現時点では具体的に何が行われるかは発表されていません。

    しかし、『ライブ・ア・ライブ』は今年で20周年ですし、時田氏にとってもスクウェア・エニックス
    MUSICツイッター担当者にとっても、かなり思い入れのある作品とのこと。
    ファンの声が集まればなんらかの動きが見られる可能性があるうえ、
    何より本作は“信頼”がテーマに大きく関わっている作品ですので、私個人も
    大きく期待したいところです。

    http://www.inside-games.jp/article/2014/08/01/79090.html

    続きを読む
    follow us in feedly
    記事検索
    最新記事(画像付)
    メッセージ
    スポンサードリンク
    逆アクセス
    アクセスカウンター

      スポンサードリンク
      最新コメント
      スポンサードリンク
      ブログパーツ アクセスランキング