ゲーム感想・評価まとめ@2ch

2chのゲーム感想まとめです。興味のあるゲームを買うかどうかの判断材料に

    シーマン

    シーマンの開発者が禁断の人工知能を開発中 そんなことよりドリームキャストの話しようぜ

    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:422186189-PLT(12015).net
    no title


    「ロボットとの会話にはガッカリしてばかりですよね」
    シーマン人工知能研究所の斎藤由多加氏はそう切り捨てる。

    私達が日常的に会話している日本語は文法に沿ったものだろうか。
    おそらく文法に沿ってはいないし、たいていは意識すらしていない。

    斎藤氏は「日本語の日常会話には文法などない」と言う。
    その上で、日常会話に独特の法則があるとすれば、それを解明することで新しい文法を作るとも言う。

    生活に寄り添うロボットやコンピュータ、彼らとスムーズな会話をするために必要なのはお行儀の良い日本語の文法に沿った会話エンジンではなく、日常会話の法則ではないか、と主張するのだ。

    そうかもしれない。それこそがこれからの会話エンジンに最も重要な存在なのかもしれない。

    斎藤氏は九州大学と連携し、日本語会話の新しい文法を生みだそうと企んでいる。

    https://robotstart.info/2017/10/18/seaman-ai.html


    続きを読む

    「シーマン」復活クル━━━(゚∀゚)━━━!!

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/05/27(土) 15:14:56.65 ID:60qgg+6c0.net BE:695656978-PLT(12000)?PLT(12000)
    http://news.livedoor.com/article/detail/13120224/
    顔がオッサンな魚「シーマン」がよみがえる?生みの親が新プロジェクトのスタートを報告する意味深ツイート

    1999年にドリームキャスト向けの育成シミュレーションゲームとして登場した「シーマン」は、しゃべる人面魚・シーマンと話をするという珍しいゲーム性もあり、当時のゲーマーに大きな衝撃を残しました。
    開発者であるゲームクリエイターの斎藤由多加さんは、自身のブログの中で「ニンテンドー3DSでシーマンをやる」という企画も存在したものの、途中で頓挫してしまったと明かしていました。

    そんな中、斎藤さんが自身のTwitterアカウントから「どうやら新しいプロジェクトがスタートしたようだ。背中に書いてあるウェブアドレスから何のプロジェクトか推測してみてね」というツイートを投稿しています。

    Seemingly, a new project is being started. Guess what from the web-address on their back. pic.twitter.com/h9eiUjGosL? 斎藤由多加 (@YootSaito) 2017年5月25日

    no title


    写真に写る男性が着ている写真をアップすると、小さな文字でwww.Seaman.AIと書かれており、このURLにアクセスすると「シーマン人工知能研究所」というページに飛びます。

    ページは「シーマン人工知能研究所」のロゴと「Under Construction(工事中)」という文字、そしてシーマン人工知能研究所のメールアドレスが用意されているだけですが、「シーマン」という文字がある通り、
    シーマン関連の何かしらのプロジェクトがスタートしたことがわかります。
    海外ゲーム関連ニュースサイトのPolygonは、「私たちが夢見たDreamcastの続編だ」として斎藤さんのツイートを報じています。


    続きを読む

    禁断の育成ペット「シーマン」って覚えてる?

    106939


    1: ダイビングフットスタンプ(catv?)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/02/02(木) 17:07:51.82 ID:bOPQWJ880.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    今ではiPhoneにSiriが搭載され、SNSやゲームも進化してAIもメジャーになり、人間並みの「会話」をできるコンピューターが当たり前になってきている。
    しかし、90年代には人の言葉に反応し、返事をしてコミュニケーションできるという機能は画期的だった。
    そんな機能で人気を集めた育成シュミレーションゲーム「シーマン~禁断のペット~」を「飼った」ことがある人もいるのではないだろうか。

    ゲーム界に衝撃を与えた「シーマン」

    「シーマン」は、1999年にドリームキャスト用ソフトとして発売された育成ゲームで、さらにその後PlayStation2などにも展開された。
    当時3Dを使った音声認識型のゲームとしては、斬新なものだったのは間違いない。
    ドリームキャストがキラーソフトの出揃いに悩んでいた時期の作品だったため、ゲーム界に衝撃を与え知名度を広め、一時は在庫不足も起こるほどだった。

    音声認識で会話もできた!

    人面魚の姿に手足が生えたような奇怪なキャラクターを水槽で育てる、という単純なものであった。
    しかし当時は、音声を認識しながら会話もでき、画面の中でのみ成長する架空の生物という「シーマン」の奇妙な設定は、ゲームマニアだけでなく一般のユーザーもワクワクさせた。

    しかしこのゲームは、育成のみならずアドベンチャー的な要素も持ち合わせていた。
    「シーマン」に育て上げるまでには、卵を孵化させて幼体を育て、エサをやりながら1日たりとも放置してならないという、かなり難易度の高い内容だったため、途中で挫折したひとも多くいる。…

    ふてぶてしいが憎めない……禁断の育成ペット「シーマン」って覚えてる?
    http://www.excite.co.jp/News/90s/20170202/E1485147771209.html


    続きを読む

    若き日のいわっちの画像をシーマン開発者がup

    no title


    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 16:35:13.01 ID:Z2nGo0170.net
    斎藤由多加
    斎藤由多加 – ‏@YootSaito

    【岩田聡さん追悼文をBLOGに更新しました】まだ若き任天堂の岩田さんが、弊社に遊びに来たときの写真です。
    http://www.yoot.com

    続きを読む

    シーマンとかいう名言製造機wwwwwww

    img2763_01


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 04:04:57.10 ID:tlVVvzu50.net
    やつらってわかってんだよね、頭のどこかで。自分が待たれてるってこと。

    時間にルーズな友達についてのコメント

    続きを読む
    follow us in feedly
    記事検索
    最新記事(画像付)
    メッセージ
    スポンサードリンク
    逆アクセス
    アクセスカウンター

      スポンサードリンク
      最新コメント
      スポンサードリンク
      ブログパーツ アクセスランキング