ゲーム感想・評価まとめ@2ch

2chのゲーム感想まとめです。興味のあるゲームを買うかどうかの判断材料に

    アメリカ

    ニンテンドースイッチ、対中追加関税の対象になる

    index


    1: 名無しさん必死だな 2019/05/22(水) 11:41:50.76 ID:7XwA7xUr0
     新たに追加関税の対象になったゲーム機。任天堂は「ニンテンドースイッチ」
    などほぼ全てを中国から米国に輸出している。ニンテンドースイッチの2018
    年度の世界販売は約1700万台でこの約4割が米国を中心とする米大陸向けだ。
     同機の米国での販売価格は約300ドル。仮に制裁が発動されると、輸入価格に
    かかる関税が現在のゼロから25%になる。数十ドルとみられる関税分が転嫁され
    れば消費者の負担は大きい。

    任天堂の古川俊太郎社長は「ビジネスへの影響は大きく、今後の動向を注視している」
    と話す。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45094440R20C19A5MM8000/

    続きを読む

    トランプ制裁関税「第4弾」ゲーム機なども対象へ

    China

    1: 名無しさん必死だな 2019/05/15(水) 15:23:55.26 ID:iOIJDrpO0
    米通商代表部(USTR)は13日、約3000億ドル(約33兆円)分の同国製品に
    最大25%の関税を課す計画の詳細を公表した。

    対中関税「第4弾」は昨年7~9月に発動した1~3弾とは次元が違う。
    際立つのが全体の4割に達する消費財の多さだ。

    「第4弾」は中国からの輸入依存度の高さも目立つ。各品目の輸入全体に占
    める中国製品の割合はノートパソコンやゲーム機が9割を超え、中国からの
    輸入額が2018年に最も多くなったスマホでも8割前後に達する。
    中国の輸入依存度が低かった第3弾までとは異なり、第4弾は代替がきかない。
    高い関税が輸入コストの上昇に直結し、短期的に米国の消費者が打撃を受ける
    おそれがある。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44773390U9A510C1MM8000/


    大変なことになってきましたねえ

    続きを読む

    米上院議員がガチャ規制法が提出、ついにガチャ終焉か?

    gachagacha_ataranai


    1: 名無しさん必死だな 2019/05/09(木) 14:20:52.53 ID:JlfURicL0
    「ルートボックス」や「ガチャ」を禁止する法案をジョッシュ・ホーリー米上院議員が発表。海外掲示板では称賛する声もある一方否定意見も
    https://eggplantgaming.com/2019/05/09/rootbox-ban-law/

    続きを読む

    USゲーマーが最高のRPG TOP25を発表。1位はクロノ・トリガー

    cta


    1: 名無しさん必死だな 2019/04/20(土) 22:25:48.32 ID:4e1pOg/y0
    USGAMER:史上最も傑出したRPG 25選

    USgamer's Top 25 RPG Countdown Begins! | USgamer
    https://www.usgamer.net/articles/usgamers-top-25-rpg-countdown-begins

    海外メディアUSgamerが去年6月より「史上最も傑出した
    RPG 25選」の選出を始め、ついにリストが完成しました。

    USgamer’s TOP25 RPG

    1位『クロノトリガー』
    2位『Planescape: Torment』
    3位『ウィッチャー3』
    4位『FF6』
    5位『幻想水滸伝II』
    6位『Ultima 7』
    7位『フォールアウト』
    8位『ドラゴンクエスト5』
    9位『ペルソナ4』
    10位『Baldur's Gate 2』
    11位『TES モロウウィンド』
    12位『Knights of the Old Republic』
    13位『フォールアウト: ニューベガス』
    14位『ポケモン 金・銀』
    15位『マスエフェクト』
    16位『MOTHER』
    17位『Deus Ex』
    18位『ディアブロ2』
    19位『ファンタシースター 千年紀の終りに』
    20位『Divinity: Original Sin』
    21位『World of Warcraft』
    22位『Vampire: The Masquerade - Bloodlines』
    23位『Nethack』
    24位『タクティクスオウガ』
    25位『FF5』

    続きを読む

    米連邦取引委員会、ネトゲガチャに関する議論をはじめる

    gachagacha_ataranai


    1: しじみ ★ 2019/04/09(火) 21:08:33.97 ID:CAP_USER
    米連邦取引委員会(FTC)は、ゲームにおける有料ルートボックス、日本ではいわゆる“ガチャ”としても知られるスタイルのゲーム内アイテム販売形式について、パブリックコメントの募集を開始しました。

    これは、同委員会が2019年8月に「ルートボックス」に関するワークショップを実施することを受けたもの。ワークショップでは「ルートボックスの起源や進化、ゲームプレイやデジタルマーケットにおける役割などを含む、ゲーム内アイテム販売の状況」、「若年者の行動を含む、消費者行動の研究」、「ゲーム内デジタル取引に関する消費者の意識と教育についての議論」などが行われる予定です。

    募集されているパブリックコメントは2種類。1つ目はワークショップでの議題や招待者(参加者)などを提案できるもので、2019年6月7日が締め切りです。こちらは、直接FTCへ送る電子メールでの受付(pdf内に記載のメールアドレスへ)が行われています。

    もう一方では、ルートボックスなどへの意見を記入でき、オンライン投稿のほか、書面での受付にも対応。締め切りは2019年10月11日です。いずれのコメントもアナウンス内には国籍制限条項は見受けられず、国内からの投稿も可能な模様です。(オンライン投稿では日本を含む国籍の記載部分も存在)

    パブリックコメントの影響については不透明ながらも、果たしてどのような「ルートボックス」に関する議論が展開するのでしょうか。直近のAAAタイトルで「ルートボックス」を搭載しないタイトルも増えてきましたが、いまだモバイル市場では海外含め好調であるだけに、注目が集まるところかもしれません。

    https://www.gamespark.jp/article/2019/04/09/88796.html

    続きを読む
    follow us in feedly
    記事検索
    最新記事(画像付)
    メッセージ
    スポンサードリンク
    アクセスカウンター

      スポンサードリンク
      最新コメント
      スポンサードリンク
      ブログパーツ アクセスランキング