1: のっぺらー ★ 2017/03/18(土) 09:44:46.77 ID:CAP_USER.net
2月に伊賀市が「忍者市」を宣言して注目を集める忍者。
昨年の伊勢志摩サミットでも伊賀忍者ショーが海外メディアの喝采を浴びるなど、国内外で人気と知名度が高まる中、
世界を股に掛けて活躍する「伊賀忍者の末裔(まつえい)」のプロゲーマーがいる。

テレビゲームをスポーツ競技としてとらえる「eスポーツ」が北米を中心に広がり、
スポンサーと契約するプロゲーマーが日本でも増えてきている。
伊賀の三大上忍の一つ「百地(ももち)家」の子孫・百地祐輔さん(31)もその一人だ。

対戦型格闘ゲーム「ストリートファイター」(カプコン)シリーズを得意とし、2014、15年には世界大会で優勝を果たした。
東京都在住だが、大会のため月の半分以上を米国や欧州などで過ごす百地さんは、
海外の一部ゲームファンから「ニンジャ」の愛称で親しまれているという。

写真:ゲームをプレーする百地祐輔さん
no title


以下ソース:朝日新聞 2017年3月18日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASK336GFLK33ONFB020.html


続きを読む